保育士の手取り平均月給は18万?保育士で高給の手取りを貰う方法

保育士の手取り額、非常に気になりますよね。

世の中で薄給と言われ続けてはいますが、実際に額に直すとどれくらいのものなのでしょうか?

今回は保育士の手取りの平均についてお話していきます。

保育士の手取り平均月給は18万円

保育士の手取り平均は約18万円です。

しかし、この18万円も保育士業界で言えばかなりの高給だと言えます。

認可保育所でも大きな所、公立保育所で働く公務員保育士からすれば、当然の額だと感じるでしょう。

しかし、無認可や託児所などの自治体からの補助金が出ず、保護者からの保育費のみで運営を行っている施設からすれば、この給与額は破格です。

こうした無認可などの園では、平均給与が10万円以下というのも珍しくありません。

何でこんなに差が出るの?

では、何故同じ保育士という仕事であるにも関わらず、ここまで差が出来てしまうのでしょうか?

答えは、運営側に事情がある事が殆どです。

保育所の運営は、基本的に保護者から徴収する保育料で賄われます。この保育料から、施設費や人件費などが捻出されます。

認可保育所や、東京都が運営する認証保育所、または各地方で独自に運営されている保育施設では、そこにプラスして自治体からの補助費が出ます。ですから、無認可と違い、使えるお金に余裕が出るのです。

当然そちらの方が人件費も高く設定できるので、保育士達は自然と認可保育所や認証保育所の方に流れてしまいます。

また、最近人気が出ている院内保育や、企業付き保育所も無認可ではありますが、運営する企業や病院が大きければ、保育に割り振る費用も必然的に高くなるので、高い給料が保育士に払われるのです。

何故差が出るのか、一体どんな所が保育所を運営しているのかという所にまで目を向けると、損をする事も少なく済みます。

高額の手取りを貰う為にはどうしたらいい?

給与の仕組みが分かった所で、今度はどうすればその給与が貰えるのかという事を考えましょう。

現在いる園では、残念ですがそれ以上の手取りの昇給は期待できません。保育士業界自体が昇給の少ない業種なので、何年働いても昇給しないという人も少なくないのです。

そこで、使うのが保育士を専門とした転職サイト・転職エージェントです。

自分の働いて来た年数を利用して、更に条件の良い所にキャリアアップ転職を図るのです。

保育士の業界で、自分が新卒で入った園で昇進した・昇給したという人は、ほとんどいません。これは、保育士の昇進する先である上級職の席数が少ない事、または園の運営が横ばいである事が挙げられます。

ですから、保育士にとってキャリアアップの為の転職は珍しい事ではありません。

また、資格職である為に、働いた年数もそこまで重視はされないので心配ありません。

一年働いて見切りを付け、更に良い職場へと転職した保育士も沢山います。

悩んでいる間にも時間は過ぎますし、良い求人は次から次へと埋まってしまいます。

保育士専門の転職サイト・転職エージェントを利用すれば、必ず前の職場よりも条件の良い職場を見つけてもらえます。

特に転職エージェントの方になると、仕事を続ける中で両立するのは難しい転職活動をサポートしてくれて、職場探しから履歴書の書き方、面接練習、面接日も園によっては付いて来てくれます。

非常に頼りになりますし、すぐに転職先を決めたい人にも向いている探し方です。

悩まずにまずはサイトを見て手取りを計算しよう

「本当に自分に合う転職先が見つかるか」「手取りを増やす事は可能なのか」と、まずは誰でも悩むと思います。

自分の目で実際にどんな求人があるか見れば、尚更リアルに転職を意識できると思います。

手取りを増やす事を諦めず、転職を視野に入れてどんどん動いてくださいね。

おすすめの保育士転職サイトは?

保育士の転職活動には、保育士専門の転職サイトを使うことをおすすめします。

特におすすめなのは保育士バンクという転職支援サービスです。

無料登録をすれば、経験豊富なコンサルタントの方と話しながら、自分にあった条件で求人、職場を探すことができます。

他にもたくさん保育士の転職サービスはありますが、保育士バンクは業界トップクラスの保育園・幼稚園求人を扱っています。

まずは以下の公式リンクから無料登録をしてみてください。

>> 保育士専門転職支援サービス【保育士バンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする